【書評】心穏やかに禅のマインドが学べる3冊

本を読みたい(書評)

令和は禅の時代です。

ビートルズが1967年ごろに瞑想体験をしたことを知って以来、ちょっと気になっていました。同時に、ヒッピームーブメント全盛のころのアメリカで禅の思想が受け入れられているということも何かの本を読んで知っていました。

令和になってようやく重い腰を上げ、禅を学ぶことにしました。いや、学だなんておこがましいですね。なので、禅に触れようと思い数冊本を読みました。

ここでは、禅の本を紹介したいと思います。

数冊読んだ程度なので(しかも無料読み放題のKindle Unlimited)、偉そうなことは言えませんが、おすすめの本がありますので紹介いたします。

スポンサーリンク

心穏やかに禅のマインドが学べる3冊

私の個人的な感想といては、禅は宗教ではなく生活習慣です。目の前のことを一生懸命にする。気づけば、心のもやもや、不安がどこかにいっている。そんな感じでしょうか。

それではおすすめの3冊です。

禅マインド ビギナーズ・マインド (著)鈴木俊隆(翻訳)松永太郎

あのスティーブジョブズがむさぼり読んだらしい本です。

著者は、鈴木俊隆さんで曹洞宗の僧侶の方です。不勉強で申し訳ないのですが、アメリカに禅を広めた方で、欧米では鈴木大拙さんと同じくらい有名な方らしいです。

本の内容は、鈴木俊隆さんが講義形式で禅について語るというもの。翻訳も素晴らしく、非常に読みやすい1冊でした。

ただ、読みやすいのと理解できるのは別です。

するすると読み進められるのですが、私は著者の語る禅の深いところまでは理解が及びませんでした。1冊読んだくらいで理解できるほど禅はあまくないということでしょう。

禅の思想に触れ、その深さを知ることができた1冊です。

日ただ座り、もう少し禅に触れてから、改めて読み返したい本です。

心配事の9割は起こらない―減らす、手放す、忘れる「禅の教え」(著)枡野 俊明

禅の教えを日常に生かす方法(考え方)を教えてくれる本です。ダイレクトに禅の教えを展開していないという点で、親近感があります。

お金、老い、恋愛、夫婦関係、親子関係、死…、誰もが直面する悩み、生きていく上での心配事を対して、禅の教えを用いてアドバイスをしてくれる本です。

1章読むごとに、なんだかわかりませんが、すっきりした感じが得られる良著です。

この本も、もう少し禅に触れた後に読み返すとさらに理解が進むんじゃないかと期待できる本です。この本との出会いはKindle Unlimitedでの読み放題でしたが、内容的に私にはグッときましたので、印刷された書籍として手元に置いておきたい1冊です。

禅に学ぶくらしの整え方

禅の教えを具体的な"行動"に落とし込んでくれている本です。

禅が身近になる本として、前の2冊よりもグッとライトにわかりやすいです。「心が整うくらし」をテーマにして、日常生活の中で実践できる禅の教えが書かれています。

具体的には、掃除と料理です。

????

と一瞬思いますが、この2つを通して禅の教えを実践する方法が書かれています。

やっぱり禅は生活習慣です。

掃除と料理。この2つを禅的に実践すれば心が整うのですから、やらないという選択肢はないですね。今すぐに禅を実践できる本として、おすすめです。

まとめ 禅に触れて心穏やかに

書いているだけで心穏やかになってきました。ここで紹介した3冊のおさらいです。

  • 禅マインド ビギナーズ・マインド
  • 心配事の9割は起こらない―減らす、手放す、忘れる「禅の教え」
  • 「禅トレ」で生きるのがラクになる

ビートルズはあんまり関係なくなってしまいましたが、とにかく瞑想でしましょう。ここで紹介した本を読んで、まずは坐りましょう。

ここで紹介した3冊は…

Kindle Unlimitedに登録しておけば読み放題です。無料体験実施中のようですので、ぜひお試しを!体験して「無駄だな…」と思ったら、いつでもキャンセル可能です。

無料体験後は月額980円ですが、月に2冊以上本を読む人ならお得なサービスじゃないでしょうか。読み放題の本のラインナップも充実しています。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました